理想の体のためのダイエット

ふくらはぎのマッサージは第2の心臓を活性化する【下肢静脈瘤】

第2の心臓といわれるふくらはぎ、なぜそのように言われるかご存知ですか?

ふくらはぎの筋肉は伸び縮みすることにより、下半身の血液を心臓に戻すポンプの様な役割をしています。筋肉の活動が弱まり血液の流れが悪くなると、最悪の場合足の先端から壊疽が起き切断なんてこともあり得ます。

ふくらはぎのマッサージは自分でもできますが、なかなかコリをほぐしたりするのは難しいものです。

この記事ではふくらはぎの筋肉の衰えにより障害などがおきないように、マッサージでふくらはぎの筋肉を活性化させる方法を勉強したいと思います。

ふくらはぎのマッサージは第2の心臓を活性化する

ふくらはぎの筋肉(第2の心臓)を活性化することにより、血流が正常化し血管内の老廃物を排除し、体全体が活性化されるという良いことづくめなんです。

具体的には以下の様な効果が期待されます。

ふくらはぎのマッサージによる効能

ふくらはぎをマッサージし筋肉がちゃんとお仕事することにより得られる効果は以下の様なものがあります。

  • 血液を心臓にしっかりとおくる
  • 末端まで血液が流れる
  • 下肢動脈瘤の防止

血液を心臓にしっかりとおくる

下半身には血液の70%が集まっているといわれています。
その血液を心臓まで戻すにはふくらはぎの筋肉の力が不可欠です。

末端まで血液が流れる

血流が良くなると、足指の末端まで血液が流れ冷えに強くなります。
また、老廃物もたまりにくくなります。

下肢動脈瘤の防止

血管の逆流防止弁の機能に障害が起こり、血液が滞って塊ができてしまう病気です。

直接の原因ではありませんが、ふくらはぎの筋肉が正常に機能していれば防止できると思われます。

ふくらはぎのマッサージ機に頼るのがいちばん

素手でもできるふくらはぎのマッサージですが、足裏も一緒にやってくれるマッサージ器に頼るのが楽ですよ(^▽^;)

ふくらはぎをマッサージする、マッサージ器は様々なものがあります。

  • 置き方によってふくらはぎまたは足裏をマッサージするもの
  • 片足づつのブーツ型になっていて足裏・ふくらはぎを一度にマッサージするもの
  • シェルタイプになっていて両足を突っ込むもの

わが家ではもう6年以上利用しています。
気持ちがいいので、マッサージしながら落ちてしまうことがしばしばです。

当時書いた購入したときのブログの記事です、ご覧ください。
自分でも懐かしかった(^▽^;)

ふくらはぎのマッサージと共に足裏も有効です

ふくらはぎのマッサージと共に足裏のマッサージも大事ですよね。

昔から足の裏には体中のツボがあると言われています。
足裏を刺激することによってコリがほぐれたり、内蔵が活性化されたりしますので同時にマッサージできるマッサージ機がお得ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です